ものづくりのフロンティア 夢テック.NET  
ごあいさつものづくり工房鉄道模型工房掲示板

OP>  くわくオークション生活VAIO C1シリーズのセンサーキャップを交換 したら…

持ち運びに便利なSONYのモバイルパソコン、VAIO C1シリーズですが、
しばらく使っているうちに、センサーキャップがツルツルになって使いづらくなります。

でも、純正品は高価なので、比較的安価に入手できるIBMのトラックポインタキャップを
改造して使用しています。

ただ単純に加工するだけでも使用可能なのですが、気分を変えるために
エナメルスプレーでとそうしました。

使用感は上々ですが、液晶ディスプレイに干渉していないかが気がかりです。

VAIOでは見たことはないのですが、ThinkPadでは時々「液晶画面にトラックポインタの跡がついています」
という中古品が見られます。

大切なVAIOがそうなっては一大事!

そこで、次の方法で、液晶ディスプレイに干渉していないかをチェックします。

まず、センサーキャップがきちんとはまっているかを目視確認します。

他のキーよりも若干盛りあがって見えるのが普通です。

まず、薄いカードか名刺などを用意します。
カードをセンサーキャップの上に置きます。
VAIOのフタを閉めます。
VAIOを傾けます。ここでカードがするするっと滑るようでしたら、センサーキャップと液晶ディスプレイ面との間に充分な隙間があるということです。
フタを開けてみると…カードの位置がきちんとずれていますね。これで安心して使用できます。

VAIO C1シリーズの場合は、キートップと液晶面の間に充分な隙間があるようですので、
あまり神経質にならなくても良いようですが、一度は確認してみましょう。

IBM ThinkPadをお持ちの方も、ぜひ一度確認してみましょう。

液晶はノートパソコンの命です!大切扱いましょう。


わくわくオークション生活にもどる

 

ものづくり工房トップ


Copyright (C)  2004-2010  ”夢テック.NET”.  All Rights Reserved.

リンクについてはご自由にお張り下さい。相互リンクも歓迎しますのでお知らせ下さい。
このサイトの画像および文章は著作権法により認められた範囲を超えての無断利用を禁止します。
使用許可および問い合わせはこちらにお願いします。